1. HOME
  2. マツダ車の話
  3. 公式カタログには載っていない!CX-5の静粛性
マツダ車の話

公式カタログには載っていない!CX-5の静粛性

家族にオススメの理由。

家族といっしょに乗るクルマ、

あなたはなにを重視しますか?

今回はマツダの考える快適なクルマ・静粛性について、

CX-5を例にご紹介します。

クルマの静粛性は基本的に高いに越したことはありません。

そんな中で、マツダにはひとつの開発指標として、

「家族みんなが快適」ということがあります。

人間の特性を把握。

人間は音の方向を認識できます。

ホームシアターなどは

この能力を活かしたサウンドシステムですね。

そして雑音・騒音は特に後ろから聞こえてくると、

人間は違和感・不快感を感じるそうです。

実はクルマの後方からのノイズは、

運転席ではあまり聞こえません。

でも後部座席ではものすごく気になります。

CX-5ではこの後ろからのノイズを遮音するために、

隙間を徹底して詰めました。

例えばこんな工夫。

ラゲッジルーム下からのノイズを低減するため、

トランクボードと車体の隙間がほぼありません!

実際動かしても「ズズッ」とした手応えがあります。

さらにこの下のサブトランクの隙間もしっかり埋めてます。

おまけにこのトノカバー(荷物の目隠し)と座席の間も一工夫。

フラップをつけることで座席との隙間を埋めます。

会話も弾む快適さ。

不快な雑音がないから、

前席・後席の会話がしやすくなって

会話も弾んで盛り上がります。

静粛性を上げる工夫は他にもありますが、

乗る人みんなが快適にという目線で

「後ろから」の音に注目した工夫をご紹介しました。

是非、ご試乗の際には後部座席もお試しください。

▽CX-5についてもって知る

・CX-5のラゲッジルームの話

・CX-5はキャンプに最適!? 

#CX-5 #静寂性

#家族思い #後部座席

#試乗 #目のつけどころ