1. HOME
  2. 神戸マツダ・スタッフBLOG
  3. お知らせ
  4. あれから28年「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」
お知らせ

あれから28年
「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」

阪神・淡路大震災
1995年1月17日
あれから28年

最近の新聞やTVでも「つたえる」事が難しくなってると報道されています。

学校の先生も震災後の採用者が多くなり、生の体験を今の子供達へ伝える事が出来ない事が問題になっています。

随分日が経って、被災した記憶も少しずつ薄れて来ましたが、やはり、当日肉親を亡くされた方(社員の中にもいます)は今でも辛いと聞きます。

新海誠監督も「すずめの戸締り」を公開の際、震災の描写シーンについて、作品の意図が伝わらず怒られてしまうようなものもあることを覚悟で、伝えられてるとのこと。

当日に黙祷をささげる方も減って来ているようですが、少しでも風化させずに伝える事も大切だと思います。神戸マツダに新しく入社する新卒社員も震災を知らない震災後に生まれた世代となり、震災を経験した社員は、この日には、あの日のことを伝えます。

兵庫県が掲げる
「ひょうご安全の日」

「1.17は忘れない 震災を風化させない」
「伝える」「活かす」「備える」

次なる大震災の被害を可能な限り減らすために、備えること、被災した神戸マツダが伝えられることを今後も、発信してまいります。

●被災地ボランティア活動

神戸マツダ「企業情報」の中の「5つの幸せ」の中に掲載しておりますのでご覧ください。ご興味お持ちいただけましたら幸いです。

https://www.mazda-hgr.co.jp/company02/volunteer.html