1. HOME
  2. ロードスター物語
  3. ROADSTER STORY
  4. #001 見るたびに心惹かれる、ボディライン
ROADSTER STORY

#001 見るたびに心惹かれる、ボディライン

オーナーとロードスターの自己紹介

投稿者岐阜県・仁さん(20代・公務員)
車種ROADSTER ND
2015年式、セラミックメタリック Sレザーパッケージ
ロードスターを呼ぶ時は?うちの子
ロードスターは?息子・相棒・最高のパートナー
仁さんのinstagramhttps://www.instagram.com/nd_gym_ojisan/

2015年式、セラミックメタリック Sレザーパッケージ

社会人1年目、店舗での試乗にて、初めてNDに乗りました。

暇つぶしのつもりが、NDに一目惚れ

 正直なところ、ロードスターは全く眼中にありませんでした。スポーツカーが欲しいと思っていたので、ロータスにするか、ポルシェにするか、など、夢を膨らませていたところでしたが、暇つぶしにと行ってみたNDの試乗で一目惚れし、購入を決意しました。

デートに最高のクルマ

 初めて会う人に、ロードスターについて語るときには必ず、「ロードスターって人が2人も乗れるんですよ!」と自慢します。バイクは気持ちがいいけれど、横に座ってリアルタイムで語り合うことはできません。インカム越しでもいいですが、そもそもバイクに乗らない人とは、語らえません。その点、ロードスターは助手席に乗った人なら誰でも、そこから見える景色の素晴らしさや爽快感について、顔を合わせて語り尽くすことができます。最高にロマンチックだとは思いませんか?しかも、万が一天気が優れなくても……この車はなんと屋根を閉めることができるのです。デートには最高の車だと言えるでしょう。

 また、助手席はロードスターで一番の特等席です。運転席では運転に集中するため、せっかくオープンにしていても、景色に酔いしれることはできません。しかし助手席では、ただひたすらに流れていく景色を、車に身を委ね、全身で感じることができます。

 だからこそ、助手席には特別な人を乗せたいものです。自分にいつかその日が来るのかは、まだ分かりません……

息子のよう可愛がる「うちの子」

自分は単に、「うちの子」と呼んでいます。洗車をして息子のように可愛がることもあれば、相棒としてきついコーナーに挑むこともあります。また、どこへ行く時も常に共にある、最高のパートナーでもあります。名前や性別はありませんが、家族のような存在として、大切にしています

見るたびに心惹かれる、ボディライン

 納車してから今まで、「ああ、ロードスターにして良かった」と思える瞬間が、数え切れないほどありました。デザインで言えば、ドアからリアフェンダーにかけての流れるようなボディラインは、見るたびに心惹かれるポイントです。

運転について言えば、軽くてコンパクトな車体を自由自在に操れるよういつも練習していますが、ほんのひと時、車を意のままに操れたと思える瞬間があった時が嬉しくてたまりません。初心者でも操る楽しさを体感できるという点で、ロードスターはいつも最高に楽しい車です。

 色も大好きです。自分の車は「セラミックメタリック」です。NDが登場した2015年、当時から街中で時々すれ違うセラミックメタリックのロードスターの、天気によって見え方が違う色合いに一目惚れしました。

晴れた日は青空を映して薄くブルーがかかり、曇りや雨の日は落ち着きのあるセラメタ独特の色がヌルッと輝くのが、たまらなく好きです。同じ白系でも、スノーフレークホワイトでも、アークティックホワイトでもなく、「セラメタ」が欲しくて、この色を買いました。

 免許取り立ての女子大生から、色々な車を乗り継いできたおじさんまで、老若男女あらゆる人が楽しいと思えるのがロードスターだと思います。

沢山のオーナーがいて、それぞれにこだわりを持って乗っています。そんな沢山の人たちと交流をして、ロードスターの素晴らしさを分かち合えるという点も、ロードスターに乗っていて良かったと思えるポイントです。

 自分で稼いだお金で初めて買った車が、今乗っているNDです。この車があるからこそ、今の自分があります。ロードスターは自分にとって大切な家族であり、生涯を共にしたいと思えるほどのパートナーです。旅行に行く時も、必ずロードスターで行きます。

 通勤車としても使っています。仕事でどんなに嫌なことがあっても、ただひたすらに楽しさで嫌なことを忘れさせてくれます。ロードスターを運転している時は、仕事のことなんて忘れて、自分だけの楽しさを気の向くままに追求できるのです。だから帰り道は、ちょっとだけ遠回りをしてしまいます。

 たとえ壊れても、ボロボロになっても、フルレストアしてでも、今の車に乗り続けたいと思っています。しかし、今、さらに欲しい車があります。それは、NAロードスターです。お金が貯まったら、NAとNDを2台持ちしたいと考えています。


ロードスターと出会って人生がどんな風に変わりましたか?

 とにかく、人生が豊かになりました。今はいつも、どんな時も、ロードスターのことを考えています。ロードスターが好きでたまりません。

この車が無ければ、社会人は時間が無くてつまらない、とか、コロナで遠出もできない、とか言っていたことでしょう。しかし今の自分には、ロードスターがあります。ちょっと運転するだけでも、日常の中のささやかな楽しみとして、人生を彩ってくれます。

ロードスターに乗りたいがために、わざわざ時間を生み出したり、コロナ禍でも行ける旅行プランを立てたりと、楽しみ方をいつも考えてきました。おかけで今は、とても充実した毎日を送れています。

 また、ロードスターに乗ることで新たな出会いも沢山ありました。毎月ツーリングに行く仲間や、気が合う友人、その他にも、愛車について語り合える知り合いが何人もいます。そんな人たちとの出会いが、またさらに、新しい楽しさをくれました。ロードスターにいつまでも乗り続けたいと思うのは、こういうわけでもあります。

「今からロードスターに乗られる方へ」メッセージをお願いします。

 ロードスターは不便な車だと言われることが多いですが、そんなデメリットが霞むほど楽しい車です。不安なことなんて全部忘れて、ロードスターに身を任せ、その楽しさを全身全霊で享受してみてください。きっと人生が豊かになっていきますよ。