1. HOME
  2. マツダ車の話
  3. 身体に正直なペダルレイアウト。
マツダ車の話

身体に正直なペダルレイアウト。

マツダのクルマは
(ほぼ)左右対称にできている人間の身体に正直に、
ペダルレイアウトを決めました。

なぜならマツダのクルマづくりは
〈人間中心主義〉だから。

クルマの都合に人間が合わせるのではなく、
人間の都合にクルマを合わせるのです。

前輪の位置を前方にずらすことによって
足元のスペースを確保し、
ドライバーがまっすぐ足を伸ばした位置に
アクセルとブレーキのペダルがくるように
コックピットを設計しています。

自然な姿勢を保つことで、ロングドライブでも疲れにくく、
万一の危険に反応できるスピードも速くなります。

マツダの考える安全運転は、
ペダルレイアウトからはじまっているのです。

乗ればわかる」を実際に体感してみませんか?

試乗車検索はコチラから↓

http://www.mazda-hgr.co.jp/

試乗歓迎 神戸マツダプレゼンツ
乗ればわかる第二話 ペダルレイアウト篇
マツダ mazda beadriver ドライバー 車選び
人間中心 安全運転 コックピット
マツダの安全は 自動ブレーキ だけでは終わらない